水まわりリフォーム時期とは?

ホームページをご覧いただきありがとうございます。
株式会社都建築です。

皆様も疑問に思われたこともあるかもしれませんが、水まわりリフォームはいつ頃するのが良いでしょうか?
今回はキッチンやお風呂、トイレなどそれぞれ交換時期の目安についてご説明いたします。

■キッチン
システムキッチンの耐用年数は、およそ10~20年が目安とされています。
使用頻度や使い方、お手入れの状況によって寿命はかなり異なりますが、いずれにしても10年を過ぎたら、老朽化や不具合が生じることがあると考えてよいでしょう。
耐用年数を迎えたキッチンをリフォームするタイミングは、例として以下のような不具合があると、検討されるべきだといえます。

・蛇口やシンクの下から水漏れ

・排水口のヌメリが取れないなどの排水に関するトラブル

■お風呂
お風呂の耐用年数は、およそ15年が目安です。
こちらも日ごろから掃除などをしていないと寿命は短くなります。
耐用年数を超えると、お風呂そのものの劣化に加え、知らない間にひび割れ部分から浸水し、下地材の腐食が見つかることがあります。
こちらもリフォームするタイミング例として以下の不具合があると、ご検討いただいてよいタイミングです。

・コーキング部分の劣化

・取れないカビや進行しているサビがある

・排水口からいやな臭いがする

■トイレ
トイレの耐用年数は、およそ15年です。
陶器製の便器やタンクであれば、ヒビが入るなどなければ100年以上使うことも可能とは言われています。
ただ、以下のようなことがあればリフォームのタイミングといってよいでしょう。

・汚れがこびりついて落ちない

・変色してしまった

・ひび割れしてしまった

以上が主な水まわりリフォーム時期です。
毎日使用するキッチン、お風呂、トイレなどのリフォームをお考えいただく参考にしていただければ幸いです。

リフォームをお考えの方は株式会社都建築までお気軽にお申し付けください。

無料見積もり・ご相談はこちら

お問い合わせ


一覧ページに戻る